人気ブログランキング |

<   2020年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アンチエイジング ⑦


こんにちは 101.png


南草津鍼灸院


サーナはりきゅう治療院 院長です 104.png




アンチエイジング 続きます 110.png


滋賀県-大津市の過去の天気

21() [ 9.1℃/0.9℃ ] 

22() [ 11.3℃/0.5℃ ] 

23() [ 11.9℃/0.9℃ ] 

24() [ 11.6℃/1.8℃ ] 

25() [ 9.7℃/1.3℃ ] 

26() [ 3.3℃/-0.9℃ ] 

27() [ 7.4℃/-1.5℃ ] 

28() [ 8.9℃/1.7℃ ] 

29() [ 4.3℃/0.4℃ ] <雪>

210() [ 7.1℃/-2.3℃ ] 

211() [ 10.4℃/1.0℃ ] 

212() [ 10.3℃/0.2℃ ] 

213() [ 15.7℃/7.9℃ ] 

214() [ 12.2℃/6.1℃ ] 




2月は気温の高い日が続いたかと思うと


急に「雪の世界」 101.png


冬が来た~かと思うと 105.png


晩秋ではなく 2月なのに ・・・

小春日和 174.png かと思う 暖かな天気 ・・・


今年は 気温の変動

異常気象の 少ない1年になりますように 112.png



前回ブログ

アンチエイジング ⑥

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは そうとう 162.png 熱えていますね~

113.png



燃える 162.png ~燃やしたい~ 162.png ・・・と

今回は 脂肪 のお話をします


ダイエット といえば 118.png

身体についた

脂肪を燃やすことが基本となります


その脂肪・・・

2つの種類に分けられることをお伝えした前回

大きく分けると



エネルギーを脂肪として貯める



アンチエイジング ⑦_e0246398_17543783.png





















白色脂肪細胞




どんどん熱をつくりだす




アンチエイジング ⑦_e0246398_17560803.png






















褐色脂肪細胞



脂肪=悪 108.png

想ってしまうのも分かります


では


まずその 108.png の特徴を知りましょう



皆さまの 身体には

大きく分けて 2種類 の脂肪細胞があります

それが

前回書かせていただきました


白色脂肪細胞~ 脂肪として貯める

身体の余分なエネルギーを 脂肪として蓄積します

皮フの下や 内臓に存在


褐色脂肪細胞~ どんどん熱をつくりだす

脂肪を燃焼し熱を産出する働きを担います

首~肩~鎖骨~肩甲骨~心臓に存在


褐色脂肪細胞」は

赤ちゃんが 身を守るために 162.png

持つべき脂肪細胞だと

考えられてきたのですが


近年の研究によって 114.png

成人にもあることが 分かってきました

(わずか 40グラムほどですが 145.png

しかも ・・・ アンチエイジング ⑥ に書かれているとおり

褐色脂肪細胞」は

身体に含まれる量が非常に少なく

~成長とともに減少してしまうという欠点が ・・・

122.png

ところが最近の研究で この娘の存在が!

162.png 明らかになってきました


3の脂肪細胞










アンチエイジング ⑦_e0246398_17571498.png
























ベージュ脂肪細胞


に期待が寄せられています 113.png

抗肥満作用を持つ


ベージュ脂肪細胞 のメカニズムを研究したところ

常温は 白色脂肪細胞 であるにもかかわらず


冷水で身体を冷やすことより


褐色化


熱を生みだす機能を持つようになる細胞である 113.png

と ・・・ 身体の細胞って複雑怪奇 178.png ですね


ベージュ脂肪細胞 を活性化させると 166.png


肥満を抑制したり防止したりする

抗肥満 はもちろん

抗糖尿病作用 も!


112.png現代では・・・生活習慣の変化により

肥満人口が 世界的に急増しています


肥満は~ 糖尿病や高血圧 メタボのもと 119.png


そのうえ

老いてからの 脳卒中~ 心筋梗塞~ 認知症など

身体にとって 大きなリスクとなります


よし! 事前に予防だ! 112.png

肥満の予防といえば簡単には・・・ 120.png


過食を避け 180.png

運動でエネルギーを消費し 166.png

基礎代謝力を高めて 165.png

エネルギーをどんどん燃やす 174.png


などの

毎日~ の生活習慣改善 172.png

ですが


毎日~ 毎日 続けるのは難しい~120.png


ではそこで 104.png


熱意をもって 162.png


白色脂肪細胞を ・・・

寒冷暴露(かんれいばくろ=冷水で身体を冷やす)168.png

することにより


褐色化が進み~

熱産生を行い 自然に燃やす細胞になる 106.png


でも今の季節


さむ~ 140.png

カゼひく~ 148.png


風邪?

風門?



つづく ~ 107.png





.


by sanaharikyu | 2020-02-15 16:47 | はり・きゅうのこと | Comments(0)

アンチエイジング ⑥

こんにちは 101.png


日本鍼灸師会所属


サーナはりきゅう治療院 院長です 162.png




アンチエイジング ⑤ は読んでいただけましたか?

↑ クリック 110.png

ここには 最後に


~~~~~~~~

一方

褐色脂肪細胞は~

脂肪を分解して「熱にする」

脂肪の焼却場


焼却場~ !


なんだかステキ!!

~~~~~~~~~~~~~

書かれています 109.png


では ステキ

褐色脂肪細胞とは? なに?



・・・ 今年は暖冬

先日~


サーナはりきゅう治療院の草津市も

ようやく積雪 150.png

「さむ~ 122.png


真冬 176.png です 117.png

寒さは命に関わる

低体温症を引きおこすこともあります 108.png


そのため 皆さまのお身体は

寒さに 対応し適応するため

脂肪を燃焼し 熱をだすという 174.png

ありがたぁ~い システムを持っています 107.png



燃焼

私たちの身体には

エネルギーを 脂肪として貯める

白色脂肪細胞


脂肪を燃焼し どんどん熱をつくりだす

褐色脂肪細胞 があります



白色脂肪細胞 も 褐色脂肪細胞も


皆さまの身体の中に

生まれながら 112.png に備わっています 178.png



しかし・・・

この便利な燃焼細胞

褐色脂肪細胞 は 存在場所が

限られていて 146.png


主に 首~肩~鎖骨~肩甲骨~心臓・腎臓周辺

これくらい・・・ にいるだけ 140.png



アンチエイジング ⑥_e0246398_18424581.png



















アンチエイジング ⑥_e0246398_18442696.jpg
































しかも・・・


<生まれたての赤ちゃん>

には多~く ありますが・・・ 104.png


残念ながら

大人になるにつれ> ~て

減っていきます 145.png


褐色脂肪細胞の 身体保有量

赤ちゃん = 40100グラム 104.png

に対し


成人は わずか 40グラム といわれています 145.png

(減り方は人によって違いがあるそうです)



うん? 118.png 赤ちゃんだけ どうしてそんなに?


赤ちゃんは 「おっ 寒~さむぅ~」と思っても

自分で着替えたりすることはできません 119.png


そのため

体温を維持するためにも

褐色脂肪細胞多く持ち

熱を作ることで


寒さにさらされても


「ブルブル~ 155.png


身震いすることは ありません 166.png

(いや!いや!!

ホントは させてはいけません 162.png!!!)



しかも この 褐色脂肪細胞発熱能力


私達の身体の 筋肉166.pngにくらべ

(筋肉はエネルギーを消費して脂肪を燃やす

 エンジンのようなもの)


なんと

70100倍 ある!

と いわれています 146.png


これは そうとう 162.png 熱えていますね~

113.png



アンチエイジング ⑦ につづく






.



by sanaharikyu | 2020-02-09 18:05 | はり・きゅうのこと | Comments(0)

アンチエイジング ⑤

こんにちは 174.png


草津市鍼灸院


サーナはりきゅう治療院 院長です 101.png





前回ブログ アンチエイジング ④ で ← クリック


で登場 「ヒポクラテス」

彼の有名な


~ヒポクラテスの誓い~

(医師の職業倫理について書かれた

ギリシャの神に対しての 宣誓文)


の宣誓 (センセイ)文

 宣誓=人の前で自分の決意を述べること

  (宣誓~ 我々選手一同は~

   スポーツマンシップに のっとり~ 166.png

   =職務を誠実かつ 公正に遂行すること


この <宣誓文> には ・・・ (抜粋しています)

               by 院長

          頑張って読みきってください


①病気とは~ 人間が自らの力により

②自然に治すものであり

③医者はこれを手助けするものである

④私達がもつ~ 自然治癒力こそ

⑤病を治す方法である

⑥人は~ 自然から遠ざかるほど病気に近づく

⑦満腹が原因の病気は~ 空腹によって治る

⑧病気は~ 食事療法と運動によって治療することができる

⑨食べ物で治せない病気は~ 医者でも治せない

⑩最大の人間の喜びは~ 健康だと考えるべきだ

⑪健康を心掛ける者は~

⑫完全なる排泄を心掛けねばならない

⑬筋肉を十分に使っている人は~

⑬病気になりにくく いつまでも若々しい

⑭心におきることは~ 全て身体に影響し

⑭身体に起きることもまた~ 心に影響する

⑮睡眠も不眠も~ 限度をこえると~ ともに悪い

⑯ありのままの自然体で~

⑰自然の中で生活をすれば~

 120歳 まで生きられる~

と ・・・

紀元前の医学の父

ヒポクラテス 172.png

の宣誓は スゴイ 146.png


~ さらに 述べます 147.png


身体 110.png におきることは 162.png に影響し

また 162.png は同様に 身体 110.png にうつり変わる

健康とは

健康な体 166.png

健康な心 162.png を持つことを意味する


・・・ と ヒポクラテスは言いきりました


身体 ・・・


リバウンドを繰り返してしまう 134.png

カロリーを制限しても変化なし 149.png

糖質制限をしているのにもかかわらず 145.png・・・

自分の理由で 身体が動かすことができない 153.png


~何をやっても うまく変われない~


うん 154.png

身体

また 身体

成果には 時間がかかるかも~ 176.png


では? どうする?


また出ます

前回ブログ アンチエイジング ④ で ← クリック




中にいる敵を

 追いだして


中に入ってこないよう

 防御する



そのためには ~身体の しくみ~ と

気持ちの変化~ に

声を傾けた 本格チェンジ が必要



いや 本格アンチエイジング が必要です

まずは 「身体の しくみ」から 


生活習慣病(糖尿病・高血圧など)の原因の一つは


肥満とされています 122.png


肥満といえば ・・・


やはり 体脂肪 146.png


体脂肪には2種類あります 180.png

お腹の断面図 ↓(「おへそ」のところで スパンと横切り)



アンチエイジング ⑤_e0246398_18261531.jpg

















皮下脂肪内臓脂肪 です 181.png


「え~ん 足をスラッと~ 119.png

下半身太りの原因は ~皮下脂肪~ です

これは なかなか改善できません 120.png



アンチエイジング ⑤_e0246398_18290423.jpg














一方

生活習慣病と深い関係がある ~内臓脂肪~




アンチエイジング ⑤_e0246398_18303883.jpg














男性が気になる~

「う~ん 少しお腹がポッコリ出てきたなぁ~ 120.png

これです 118.png

要注意ですが 内臓脂肪は 改善が早い 146.png


この 体脂肪 とは

身体に貯えられた脂肪のこと


これは 主に 脂肪細胞 に貯えられています


皆さま 114.png ・・・


「身体の脂肪」と聞いてまず考えることは 117.png

「余分な脂」と思ってしまうような 131.png

必要のない脂肪~ なのではないでしょうか

(本来は 余分ではありませんが ・・・)


実はこれは 白色脂肪細胞 といって

そのままの 白い色をした脂です


ところが ・・・114.png

私たちの身体には「白」とは違って



かっしょく = 褐色

黒っぽい 茶色・栗の実のような色

褐色脂肪細胞

というものがあります 146.png



白色脂肪細胞 & 褐色脂肪細胞

この2つは が違うだけではありません 168.png


働き も全く異なるのです 150.png


白色脂肪は~

脂肪をエネルギーとして「蓄える」

いわば 脂肪の保管場所


一方

褐色脂肪細胞は~

脂肪を分解して「熱にする」

脂肪の焼却場


焼却場~ !


なんだかステキ!!162.png





アンチエイジング ⑥ に つづく





.


by sanaharikyu | 2020-02-04 17:13 | Comments(0)