<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ラベンダー ②

こんにちは 174.png

南草津鍼灸院

サーナはりきゅう治療院 院長です 101.png


では ラベンダー② スタートです

最初は ・・・
前回の ラベンダー ① で伝えることができなかった 119.png
ラベンダーの 効果 ・効能を 端的に

まず 151.png
~ 身体の内面へ
からだ本来が持つ 「免疫力」 を高めて感染症を予防
これからのシーズン 心配な 風邪の症状を防ぎます
~ 身体といえば 「こり」「痛み」
肩こり 腰痛の改善にも効果が

次は 125.png
~ 身体の表面 「美」
ローマ人も愛用した ラベンダー
肌の殺菌 消毒作用があり
ニキビ ふきでもの も防ぎます
抗菌 抗ウイルス作用が高まります

そして 126.png
~ 身体の芯 心へ
鎮静 催眠作用をもち
不安を取り除いてから 眠りを誘います
もうヒトツ ・・・ 集中力を高めてくれます


ラベンダー① でも書かせていただいたように
このように 万能な ラベンダーは
ハーブの女王 107.png と呼ばれています

このラベンダーが初めて書物に書かれたのは
なんと 昔~ 168.png
西暦1世紀 146.png に出版された書物
ギリシャ出身 ・・・
ローマの医師ペダニオス・ディオスクリデスが書いた
『薬物学』です

と いうことは 古代ローマでも使用したに違いありません
ローマ ・・・ 西洋の ハーブの女王 107.png ですが

鍼灸 = 東洋医学 =東洋
東洋にも 178.pngハーブの女王様 107.png がいらっしゃいます

それは ・・・ ヨモギ (蓬)です

ヨモギといえば よもぎ餅! 111.png

いえいえ 食ではありません

ヨモギの香り 112.png = ハーブです

「ヨモギ」は お肌の美容・健康のための「よもぎ風呂」162.png
婦人科系に効果があるという「よもぎ蒸し」162.png
など 皆さまの生活の近くにいる ハーブでもあります

そう! 西洋でも薬草としての効果が知られているのですから


お灸に使われる「もぐさ(艾)」の原料こそが ヨモギです

中国の古代文献によると

お灸は今から2千年以上前に 168.png

中国北方民族の独特の医療法として根付きます

なぜ? 118.png 北方民族?

中国のタクラマカン砂漠にある

わずかなオアシスの周囲には必ず

お灸の原料となる「ヨモギ」が生息していました 146.png

砂漠で生きる 166.png
この生命力の高い植物には 必ず効果がある! 165.png
と考えて

病の治療を始めたのが お灸の始まりだとされています 102.png

ヨモギに含まれる
主要成分の1つ シネオール には 150.png

皆さまの 「頭」= 脳神経を
鎮静化させる効能を持つ成分を持つことが分かりました 147.png

お灸の治療中に 患者さまがよく感じる
~なんだか イイ香り~ ・・・ には 178.png

ストレスなどで パンクした脳を癒やし
リラックス状態に導いてくれ
治療中にも ZZZ~ と 自然になってしまいます 112.png

つづく

e0246398_18170472.gif



















e0246398_18182266.png


.




[PR]

by sanaharikyu | 2018-11-06 17:24 | はり・きゅうのこと | Comments(0)