<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

こんにちは003.gif

サーナはりきゅう治療院 院長です

今日は よく雨が降りました057.gif

057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif057.gif
「雨」 (天気) というものは 東洋医学ではどのように考えられているのでしょうか039.gif


東洋医学といえば
3/5 ブログ 「啓蟄の養生方」 で登場した
」 のお話しです


まず 天気(気象)において になればなるほど

晴れて 異常に乾燥し (昔の異常乾燥注意報ですね)

非常に暑い! 日差しが照りつけます (35℃以上の猛暑日031.gif

暑くて暑くて ノドもカラカラに乾燥するのです


では 天気の というものは013.gif・・・

それは 「寒く」 「暗く」 「曇る」 ものです


うん? 曇る?
「陽」 が晴れなら
「陰」といえば 「雨」かなぁ~ と思うかもしれませんが

雨が降る前の 「曇り」 なのです

そういえば025.gif雨が降る前に体調が・・・

という方も多いでしょう・・・今日の患者さまもそうでした


では では045.gif
なぜ 「雨が降る」 ことが034.gif 「陰」ではない? のか
  ⇓
こういうこと!!です
「雨により 大地は潤い 作物に栄養を与えます」

そして 天気は次第に に変わり始めるのです

つまり 日本では 「やまない雨057.gifはない058.gifのです

雨に気持ちが負けそうな人は ⇑こういう風に考えたらいかがでしょうか056.gif



ちなみに年間に観測された降水量の最も多い所は
インド北東部のチェラプンジで
2万6461mm(1860年8月~1861年7月)も降ったそうです
最後のひと月(1861年7月)には9,300mmも降っていて
これも1ヵ月に降った最多降水記録だそうです
9,300mm?

日本の年間最多降水量は 宮崎県えびの市 8,670mm (1993年)
ひと月で年間雨量を超えるって005.gif
[PR]

by sanaharikyu | 2012-03-23 22:34 | はり・きゅうのこと | Comments(0)

こんにちは003.gif

サーナはりきゅう治療院のしょうこです001.gif



以前のブログ「大賞作品」でご紹介し

院内で飾り始めた「院長父撮影の写真」は

ご来院頂いた患者様に とっても好評016.gif

「この写真はどこ?」「すごくキレイですね」「どうやって撮ってるの?」と

ご興味を持って下さり ご質問くださる方が多く

私達が撮った写真ではないですが とても嬉しいです026.gif

飾ってよかったぁ053.gif

・・・という事で春バージョンに変更しました060.gif

今回の写真は長野県阿智村にある「駒つなぎの桜」


e0246398_1223453.jpg



源義経が奥州に下る時、馬をつないだといわれる一本桜

樹齢400年~500年と推定される巨木で 水面に映る姿がとても美しい(そうです)

毎年 桜の見頃の時期(4月中旬~4月下旬)には沢山の人が訪れて賑わう(そうです)


(私もですが・・・)阿智村に行かれた事がない方

ぜひサーナで 「少し早いお花見気分!?」をあじわってみては・・・056.gif

お待ちしております040.gif

追伸 : 春バージョンの写真を何枚か頂いているので 色々変えてみる予定です
     ご興味ある方はお声掛けてください  ぜ~んぶ見せちゃいます
012.gif
[PR]

by sanaharikyu | 2012-03-21 14:19 | 院内のこと | Comments(0)

~研修会~

こんにちは027.gif

サーナはりきゅう治療院 院長です


この度の 2日間の臨時休診 まことに申し訳ありませんでした040.gif

その間 院長は 3/10 ・ 11 と

日本鍼灸師会青年部 近畿ブロック一泊研修会に 参加してきました
(滋賀県信楽 小川亭にて)


まず 「慢性疾患(スポーツ障害も含む) に於ける鍼灸師の取り組み」

の講義を受け

e0246398_20282463.jpg


その後 楽しい懇親会068.gif (院長の余興041.gifも含む) を行いました



一泊して 翌日 陶芸体験です

e0246398_20385217.jpg

                             陶芸講義中

そこで院長が作った 信楽焼の器がこの中にあります


e0246398_20452771.jpg


信楽の器が 焼きあがるまで 3週間かかりますが

サーナに飾る時が来るまで 楽しみ楽しみ 037.gif


2日間だけでありましたが 様々な勉強ができました058.gif

これを活かし 患者さまにより良い 「笑顔」 になって頂けるよう 精進してまいります!


そして

院長作 「信楽焼」 ・・・ サーナで見つけていただけましたら

ぜひ 感想コメントお願いします006.gif
[PR]

by sanaharikyu | 2012-03-11 23:45 | はり・きゅうのこと | Comments(0)

啓蟄の養生方

こんにちは012.gif

サーナはりきゅう治療院 院長です

昨日開催された 「びわ湖毎日マラソン」
山本亮選手(佐川急便=滋賀県守山市) がゴール手前!
競技場内で中本健太郎選手を逆転して 日本人トップの4位でゴール
残念ながら サーナはりきゅう治療院 の前は通過しませんでしたが・・・
42.195km お疲れ様でした




3/1ブログ <3月5日 啓蟄 (ケイチツ)> 

??? どうすれば ???
は また後日のブログで004.gif・・・を公開です
・・・「公開」っておおげさな・・・

「自然のストレス」 を回避する!
タイトル 「啓蟄の養生方」 スタート061.gif

養生法056.gifの養生とは

「生を養う」という意味です

つまり「生」=「生きる力をつける」という意味です

生命力=生きる力 が充分あれば

身体は整い ケガや病気になりにくくなります

養生法とは はり・きゅうの東洋医学で
古代からの経験とそれを活かした知恵に基づく
「健康」に生活する為の方法なのです


「啓蟄」の時期 「春」は

東洋医学では 「(イン)」から「(ヨウ)」に変わる季節です
ん? 「陰?陽?」 難しい~ので
ここでは簡単に説明させていただきます

私達が生活する世界には
① 夜に対して昼
② 女性に対して男性
③ 曇りに対して晴れ
④ 小さいに対して大きい
⑤ 柔らかいに対して硬い  などなどの「正反対」が

このなかで 陰陽を知るなら のイメージで話すと分かりやすい!!

「太陽」が昇っているということは昼です
昼は「陽」・太陽は「陽」です

逆に夜と言えば月です
ん~ 夜空の月には冷たい影のイメージが湧いてきませんか?
夜は「陰」・月は「陰」です

こういった考え方が 東洋医学の 「陰陽」 です

春になると 眠っていた動物は活動を始め 植物は芽を出し始めます

つまり「夜」から「昼」へ⇒ 「陰」から「陽」に変わる季節が春なのです

そこで 春の養生方
東洋医学の辞書である『黄帝内経』をもとに
院長が考えました

A 005.gifいつもより 15分早起きしよう!
B 012.gif「こうしよう!」と決めつけないで 気持ちを少し落ち着けよう!
C 043.gif趣味の時間をいつもより長く持とう!
E 067.gif食べすぎ・068.gif飲みすぎは控えめに!
F 014.gif睡眠時間が短くなっても 楽しいなら夜は就寝が多少遅くなってOK!



どれか 1つでもOK です
できることから 養生 はじめてみませんか?
[PR]

by sanaharikyu | 2012-03-05 00:00 | はり・きゅうのこと | Comments(0)

3月5日 啓蟄 (ケイチツ)

こんにちは040.gif

サーナはりきゅう治療院 院長です003.gif


2012年 3月1日 059.gif

今日 3月になりました

サーナはりきゅう治療院が開院して 3月で もう 9ヶ月目になります060.gif

9ヶ月・・・ 早いものです059.gif=時計パート2=


  そして いよいよ季節は 『 春 』 に向かいます



本日タイトル
3月5日 啓蟄 (ケイチツ) はじまり・はじまり~041.gif


啓蟄とは 冬に土の中で閉じこもっていた 「虫 (蟄) 」 が 土から脱出して
("啓"は 『ひらく』 の意味)

動き出す日のことです (暦の二十四節気のひとつで 今年は3月5日です)


この時期 一雨降るごとに気温が上昇し 暖かい 「春」 に近づきます

日差しも ますます心地よくなり 動きたくなる季節
「啓蟄」 を具体的に言えば 「よし!!動くぞ」 と意気込む066.gif日のことです


なぜ サーナブログが "啓蟄" になったかと言うと034.gif


昨日 患者さまから

「朝 寒いなぁ~と 思ったら 日中は暖かくなりましたねぇ001.gif
でも 私 こんな気温の変化に弱いんですよ・・・007.gif

と 来院直後に こうお話しされたからです


季節の変わり目・・・気候が不安定032.gif031.gif

これに身体が対応できなくなり・・・ 様々な体調変化をおこす人は 少なくはありません・・・


人は 気温・湿度の変化に反応して 汗をかいたり 鳥肌が立ったりと

ご自身の 身体の状態を保ちます


~しかし これら 「自然の変化」 が続くと~
「自分の身体」 を 「自分」で調整することができなくなり 体調を崩してしまうのです

簡単に言うと ⇒身体に降りかかる 「自然のストレス」 に負けてしまうのです




それでは どうすれば 「ストレス」 を回避することが出来るのでしょうか?



??? どうすれば ???
は また後日のブログで004.gif


「啓蟄」 のこの時期
"土" = "ふとん" の中から出てくる朝に

「ギックリ腰」 「寝違え」 など 「痛ぁ~い007.gif」 症状も起こりやすいです


よし!!動くぞ 017.gif

と 元気に朝 "ふとん" から立ち上がることができる 身体に

に向けて 変えていきましょう056.gif
[PR]

by sanaharikyu | 2012-03-01 23:18 | はり・きゅうのこと | Comments(0)